95新規陣(05,20)~第8回戦結果~

2015.05.20 (Wed)
どうも、からすです(・ω・)


ゆったりと過ごせたこの時期もそろそろ終わり。


また多忙な時期に突入しそうな気配です。


IXAはまぁ、上手に時間見つけてやるとして、


ぼくは器用ではないので多忙になるとどうしても偏りがちなバランス、


そうですね心のバランスとでも言いましょうか、


それをニュートラルな位置に戻して調整しているようですね。


熱中すると大局で物事が掴みづらくなる性分ですw


集中するというと聞こえはいいですが、


まぁIXA的な表現をすると脳筋ってやつでしょうかw


もっとうまいことできたらよかったよな、、、


春季の仕事を振り返り、そんな反省をします。


心の容量が狭いっつうのもあるのですが、


もうだめか!?、なんだこりゃ!、くそうコノヤロ!、


窮地に立たされたときに沸き起こる根本的な判断軸はいつも同じ。


『負けたくない』


一言でいうのは難しいけれど、やはりこれでしょうか。






自分にできることなど、


まわりに与えられる影響など、たかが知れていますが。


ぼくには「勝つ」なんて百年早いのかもしれません。


でも、結果負けるにしても、


はじめから無理だと諦めて着手すらせず、


成り行きに身を任せて負けの終着駅を迎えるようなことはしたくないです。






結局いつも抗ってしまいます。


運よく力ある人が現れたり、


ぼくが振る旗に賛同してくれるぼくと同じような力なき仲間に支えられたりして、


なんとかやってきましたが、


いつか失敗し、大敗するときが来るかもしれません。


ぼくだけの負けならそれはいいですが、


巻き込んだ人々、


壊しかけた構造、


その先にきっとあるはずの他人の安定や幸福、


それを修復できるのでしょうか。


己が主張を貫くことで、


破壊してしまうかもしれない物事やそこから派生するさまざまな事象に、


責任をとれるのでしょうか。


では、


そう考えて、


もっと大人に立ち振る舞ったり、


長い物に巻かれているほうがいろいろいいのでしょうか。


痛い目を見てはじめてそれに順ずるようになるのでしょうか。


こう迷ったりもします。











一呼吸おいて、


ゆらゆら暮らしてニュートラルに立ち返ったとき、


変わらない思いだと気付きます。


もちろん自分の気持ちを歪ませるなんてできない。


支えて託してくれる仲間への思いもある。


それぞれがいくばくかの物を犠牲にして、


目の前の戦いに臨む。


誰でもできることを、誰でもがができないぐらいやって、


十分かどうかわからないけど一心不乱にやって、


それが課せられた役割。


それを全うするだけ。


それがぼくに見せられる誠意。


それがなにも持たぬぼくに張れる気質。


自分に通す筋。


























はい、


そんなデジタルアウトなぼくの綴るIXA記録ですよっと。


基本、中身の人間変わらないんで、


ゲームの中だからといって器用に立ち回れるわけねっす( ´ω`)


ただの脳筋だよお(゜ω。)


でもそう、


脳にまで筋が通ってるんだよお。    ←いまウマイこと言ったぞ


そんな第8回戦でした^^




20150519#1


大友家に攻め込みましたね。


強い大友家、前回の防衛戦で身に染みていました^^;


前回負けちゃったのは仕方ないです、もうそれは済んだこと。


負ける負けないよりも、恥じぬ内容だったか?


ひっかかるのはそこでした。


同盟内、これだけの猛者がいて、


農民として支えてくれる献身的な方々がいて、


満足な結果が残せただろうか?


楽しかったからそれでOK、


その程度でOKなのか?


それ繰り返して、積み重ねてればOKなのか?


ぼくは違う。


少なくとも、ぼくのIXA観は違う。


なにも纏まらぬまま、


もっと言えば相当仕込み不十分なまま、


同盟としての方向性が不十分ではあったものの、


なんとなく勝ちに向けて、で行動を起こしてみた今回。


戦略は単純。


稼げる数名に加勢して、


空き巣でもなんでもいい、ともかく戦功を挙げる。


遊びたくても復活しない犠牲を、


派手に溶かしたくても温存する犠牲を、


みんなで共有したものです。


なんとか国として勝利。


それが皆の求めているIXAかどうかはわからないし、


なにかこう、


自我を貫いて回りを巻き込み犠牲を払わせて作った結果にも思うのですが、


勝敗としての結果はでました。









20150519#2




20150519#3




たまたまぼくは戦功稼ぎに任命され、


もう一人の同盟員とその役割を手分けしました。


終戦後、皆に労いの言葉を掛けて頂きました。






でもね、


ぼくら二人がご苦労だったわけではないです。


もちろん稼ぐ使命を与えられたので陣張り200個以上しました。


でもそれは当たり前のことです、役割なんだから。


なにもせず、加勢を送ったっきりになってじっとしてる同盟員、


自分の実力以上の同盟員に指示出しする補佐官のプレッシャー、


それを影で支える裏の参謀、


その全てが無くてはならない役割で、その全てにご苦労さまなわけです。


互いに感謝でした。


それしかありません。













個人的なパフォーマンスで特記するSSなどはないです。


火力の伴わないぼくのできることといったら空き巣です。


ひたすら、ただひたすら、


西地区の所領を狩っておりました。


もっとお知り合いの方や、


力強い猛者の方々の猛攻を受けたりしたかったのが本音、私欲ですが、


それは今回はナシです。








わずかですが、同国の方々と触れ合う機会があったりしました。


少数のそうした方々からは勝つ意志が見えました。


また同盟内でも、


いろんな意見に触れられました。


残念ながらぼくには「マッタリ楽しむ」などという気は毛頭ないので、


今後もいままでの「マッタリ」なるスタンスに戻るならば、


立場を考えないといけませんが、


やはりやるからには!という同志の存在も明らかになる機会でした。










大抵の興奮を味わって、


賞賛に値する戦跡を残してきた歴戦の猛者ならつゆ知らず、


ぼくがまだそんな飽き足ってるわけないじゃないですか。


ゲームですからね、マッタリ、それもよかろうです。


でもぼくは、


そこでは満足できないです。


きっとまた、いままで通り、


魂の込めたパフォーマンスができる仲間や場所を求めるのでしょう。


筋を通す必要もないマッタリな空間は、


まだ要らないです。


完全に逸脱してしまうか、


戦い抗うことを放棄するまでは、


使命やプレッシャーを感じていたのであります。


それは例え、


リアルでも、ゲームでも、です^^
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ixakarasumixi.blog.fc2.com/tb.php/95-800594c6
トラックバック
コメント
からすさんのまっすぐな
お人柄が伝わってきました~^^


マキも、ゲームでも遊びでも常に全力での方が楽しいです☆

そう、そしてついついアツくなって全力で

「漢受け」しちゃう自分が居たりします(*ノ∀`*)ハァン

そう、そして

女らしい~より、漢らしい~と言われちゃう

自分が居たりします(*ノ∀`*)ふぅ
摩姫 | 2015.05.21 17:02 | 編集
『草食系』とかいう形容がありますが、その感じがガマンならないのですよwお肉食べなきゃイカンでしょ(・Д・)ガツガツしなきゃ興奮しないでしょ(・Д・)こだわりなくちゃ味気ないでしょ(・Д・)


とまぁ、そんな感じでしょうか( ´ω`)


男女関係無しに、リアルゲーム関係無しに、周りの仲間はアツい方がいいですねー^^
からす | 2015.05.23 11:13 | 編集
いいなぁ
そんなまとまりはここしばらく無縁です。

今回だけ久々に血が騒いで開幕だけ頑張ったけど、もうIXAを長時間真面目にやるのは無理な体になってしまいました。
ご一緒だった最上時代の情熱カムバック
銭泥棒 | 2015.05.23 15:44 | 編集
まとまりやこだわりがあると、そこに自ずと自分の役割が見えてきますね。同じ方向に向かって苦楽や悲喜を共有できます。
それってすごい大切なものと思います( ´ω`)


過去何度か最上家に在籍してきましたが、その最上はどれも思いが強い国でした。mixi三期の【三國無双】時代、mixi五期のWHO連合時代。いつご一緒したどなたなのかわかりませんが、きっと、ぼくが憧れた諸先輩方のお一人なのでしょうね。

情熱が褪せているのは残念ですが、IXAはまだあります。
ハンゲ鯖の猛者の方々も刺激的です。
いつでも最前線に戻ってきてください。強い方々にいつも刺激を与えられています。きっとそういう人は沢山います。それがあなたの役割でいいんじゃないでしょうかw

ぼくも情熱をカムバックしてもらえるような激しい作文しなくちゃ^^;
新しい記事、書きますね~。
からす | 2015.05.23 19:27 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top